スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tree of Savior 序盤編

皆さま、お久しぶりです。
ToS始まるまで凍結とは言ったものの、こんな半年近くも放置するとは
思っていませんでした、内心2月くらいに三次CBT有ると思ってました。。

さて、ではお前は何をやってるんだと言われれば今現在は
国際版のTree if Saviorを下調べ的なノリでぼっちプレイしています。
とりあえず序盤の山であり、個人的にはToS自体の山場でもあると思う
王陵までクリアしましたので、一旦そこまでの感想を書き留めておきます。

自分は4年待ってた身ですが、相変わらず信者でもアンチでもないので
出来るだけニュートラルな視点で、思った事はハッキリと書きます。
そして言うまでも無く、これはSHI-NA個人の主観でありますので
この内容をどう受け取るかは、貴方の都合で勝手に判断して下さい。

今回はあまりSSも無く、推敲も半端なまま長文になってしまいました。
唯一その辺りだけ、読んで下さる方に申し訳ないなぁと
なけなしの罪悪感をアピールアピールしておきます。
-------------------キリトリ線----------------

王陵はTree of saviorのラストダンジョンである
無論、王陵はToSのラストダンジョンではない。
「お前は何を言ってるんだ」(AA略)と仰られるのも当然かとは思うが
ここは順を追って話をさせて欲しい。

【結論:王陵4層から面白くなってくる】
3秒前に「順を追う」と言っておきながら不意に結論を出す辺り
ほんと何も考えてないのがモロバレではあるが
述べた通り、王陵4層の辺りからこのゲームじわじわと面白さが出てくる。
どの様な点で面白さを感じ始められるのか?と問われれば

1.4層の辺りでランク4に転職出来る
平均的な進行度を見れば、この辺りで皆さまランク4に到達する。
(事前に別のスタート地点側のクエストも消化すればもっと早いが)
ランク4にもなれば、スキルが増えて手数が多くなるし
ビルドルートの差もぼちぼち出てくるので、個性も感じられるようになる。
自分の場合はソード→ペルタスト→ホプライト と進んできてこの辺りで
ランク4のカタフラクトになったワケだが、転職してかなり面白くなった。
非常に優秀な範囲攻撃とライディング&トロットで高速移動を手に入れて
ゲームの快適度がグンと増した、いやホントにこれは良い意味で裏切られた。
クソおもんないクエストのストレスが軽減される恩恵は思った以上に大きかった。

2.雑魚が馬鹿に出来ないダメージを出してくる
4層から雑魚敵の火力がグっと上がって、スリルが増した。
それまで死の危険を感じるほど痛いダメージを放ってくる雑魚敵は
ホント数える程度だったと記憶している。(IDは除外する)
これは自分がHPの高い剣士系統だった事もあるにはあるのだろうが
その前衛クラスのHPでも、4層の雑魚敵は割と痛かった。
後衛だと、いい加減な装備なら、かなり危ないんじゃないかな。
特に犬の火柱スキルを密着で食らった時とかな・・・。
フリーザ様

3.クリア後の展開から少々の選択肢アリ
王陵クリア後は、結局------て街に向かうには変わりないのだけれど
別のスタート地点側のクエストを未消化の人はそちらをチェックしに回ったり
クラペダ付近の農場ルートでEXPカードを回収したり(勿論クエストばかりです^^;;;;
まぁ、今までの取り漏らしを振り返る気分転換ポイントじゃないかなと思います。
未制作のレシピやコレクション埋めなど気になるのであれば
このタイミングで補完しに走るのも、良い気がします。

ってな感じで理屈臭く言うならば
主にこの理由により、王陵から面白さが出てくるよって話でした。
多分ここまであのクソおもんないクエストに耐えて進んで来た人なら
良く言えば「慣れてきて」 悪く言えば「飼いならされて」
ここからも、LV200まで続くこのお使いゲームを
走り抜ける事が出来るのではないでしょうか。

大事な事なので、二度言わせてもらうんですけど
ここまでプレイした人なら、多分このゲーム続けてプレイ出来ると思うんです。
そして僕はLV200からの、クエストのない新世界を目指してまだiToS頑張ります。
-----------------------------------------------------------------------------
では、何故王陵をラストダンジョンである、と表現したかって話に戻るのですが
モチベーション「並」くらいのプレイヤーが、ここまでToSを続けてくれるか。
続けてプレイしてくれる人と、辞めてしまう人、その境界線となる凄く大事なポイント
それがこの序盤の山場である王陵だと自身のプレイで強く感じたからです。

グラフ

二次CBT、終了時のレベル分布です。
王陵だと到達80~踏破90LVぐらいですから、照らし合わせて見てみると
王陵までプレイしなかった人がどれだけいるか、一目瞭然ですよね。
勿論「クローズテストの段階だし。」って理由から2~3時間のプレイで
満足して辞めた人も大勢いるとは思います。
しかし、それを加味してみても、やはりこのレベル帯で辞めてしまうのは

「あまり面白くなかったから。」
って言う、人類史上これ以上なく純粋な理由が、回避不可能だと思うんですよね。
自分自身、今国際ToSで三度目のプレイになりますが
三度目の自分ですらぼっちでプレイしてる時に
LV50までにToSを面白いと感じた瞬間は、あまり無いです。
逆に、二次CBTは仲間内トリオでスカイプ通してプレイしていましたが
最初からLV150まで、クエストを苦痛に感じた事はあまりありませんでした。

友人と会話しながらプレイ出来る事が、どれだけ有り難い事か身に沁みます。
聖堂の地下で俺が追跡者トーマスを痴漢者トーマスと空目しただけで
あの薄暗く面白くない地下聖堂に一筋の光が射した気がします。
友達とバカはMMOでとても大事なのだと思います。
痴漢車トーマスが何なのかは、個人で勝手に調べて下さい。

つまり自分が現時点でToSに対して感じている不安ベスト1は
味の出る王陵までに、辞めてしまうソロプレイヤーが多数いるのではないか、です。
自分のように最初から何人かでプレイするのが決まっている人ならまだしも
「TOSってグラ良いし、面白そう!」くらいでインストールしてみた人が
現状の序盤をプレイして、その後も続くか?って言われたら俺は「NO」と答えます。
恐らくターネット聖堂の辺りで、モチベ尽きて辞めてしまうのではないでしょうか。
ですが、そういうプレイヤー層を拾えなければ、早期に過疎ると思います。

ですから、ツイッターでもちょこっと言ったのですが
友人を誘ってみたいなと思ってる人は王陵までどうやって導いてあげるか
この点だけは意識してあげて欲しいなと思うんです。
そして、それは勿論プレイヤーではなく開発、設計者の領分です。。

IMCは「LV200までが巨大なチュートリアルである」主張していますが
巨大すぎて、一部のやる気満々勢しかそれを終える事が出来ないのではないか。
「この映画、ここからが面白いんですよ!」は三流映画監督の言う事ではないか。
今日もTree of Saviorに疑問を抱き、抱きまくりつつも
6月からはフェディミアン以降の中盤をプレイしていきます。

また区切りのついた辺りで、中盤に関してこういう内容の記事を
書く予定(予定)ですので、もしよろしければ見てやって下さい。
---------------------------------------------------------------------
*補足(面倒なので体裁は整えない)

ちなみに、LV50から入れる通称「50ID」と言うインスタンスダンジョンで
65くらいまで狩ってレベリングする事が出来ます、ちょっと狩り感あって楽しいです。
そこから70ちょいまでは「王陵の労働者寮」で狩ってレベリングも良いと思います。
そこまで行くと王陵はもう目の前ですので、そう考えると50IDまでの誘導でも
良いのかなと思いました。

もし「お前ここ忘れてんぞ」みたいなのありましたら
コメントで置いといて頂けると調査に行きますので
匿名故、お気軽にコメント下さいな。

適度にクエスト消化しつつ、王陵終わった時のレベル
20160525220533_1.jpg

そこから漏れたクエストとオルシャルートを回収しにいった後のレベル
(王陵最下層の推奨レベル93以下のMAPをほぼ周りました)
20160528024247_1.jpg

かなりのEXPカードがオルシャ側に追加された事がよく分かる
オルシャルートって合流までの短いモノかな?と思っていたのだけど
やってみると案外長くて、やっぱりクエストしかなくてry

よく話題に聞く「EXPカードは温存?」って話なのだけど
これは狩ってレベリング出来るレベル帯(50~など)は
狩ってEXPカード温存しながら、次のIDレベルとクエスト受注の
下限レベル見ながら、必要なタイミングで使っていけば良いと思う。
150以降の事は自分も知らないから、まだ結論づける事は出来ない。
これはあくまで「序盤」の話である。

あ、あとついでに折角剣士系そこそこ触ったので軽いスキル雑感など
また書いておこうかと思います、主に知識の無い人向けに。
剣士系は最終的に微妙な職業になると思えて仕方ないのですが
プレイ人口は多いんですよね・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHI-NA

Author:SHI-NA
2010年3月 SESにてRO引退。
2015年ToS始動にて復活。

カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。