スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単体ギルド論

自分が構築してきた単体としての在り方を、此処に残す。
またいつか、AlicEの様な、強い意志を持った単体ギルドが現れる時の為に。

これをもって、俺のラグナロクオンラインの全てとする。
自分が目指したのはSESという中規模の鯖の
GVGSEを単体として生き抜くという所でした。
なので、あくまでその観点でしかお話が出来ません。
ですが、その観点でならよっぽど人より深く話せます。

単体と言う現実
「単体でやっていきたい!」
「面白そうw」
言うのは本当に簡単ですが、現実はとても苦労します。
そのメリットとデメリットを、簡潔に挙げてみました。

【メリット】
気楽に自分達の都合だけで動く事が出来る。
何かを成し遂げた時の充実感は、半端ない。
上手くいってる時の団結感が強く、とても楽しい。

【デメリット】
単純にGVGにおける戦力が少ない。
助けてくれる同盟はなく、物資的にも立場的に心細い。
ヘマこいた時の悪いムード伝染が強い。

見てもらえば分かりますが単体のメリットと言うのは
充足感や満足感と言った精神論に過ぎません。
比べてデメリットは戦力数や物資残量と言った
極めて現実な話、数字で表す事が出来ます。
上手く事が進めば単体でそれを成し遂げているという
充実感は連合所属の比ではありません。
ですが、上手くいかない時の辛さもまた、連合所属の比ではない。

単体としてSESのGVGを戦い抜くと言う事は
ギルドマスター(或いはそれに準ずる人間)と
ギルドメンバーが意識を合わせる必要が有ります。
その段階はもう終わったのなら次をお読み下さい。
代表者とメンバーの意見が纏まってない状態で
単体SEを目指すのは勧めません、絶対に途中で折れます。

----------------------------------------------------------------
まずは内政。
と、銘打ってみたものの。
オレはあまりこの「内政」と言う言葉が好きではありません。
堅苦しく聞こえてしまうよね、ですが実際そんなんでは有りません。
偉くも硬くもない事ですが、しかし大事な事ではあります。
が、一体内政と言っても何から始めれば良いのでしょうか。
多分大事な事が所々抜けてると思いますが順番に並べてみましょう。

1.マスターとメンバーの目指す所を決める
2.そのギルドの指示系統(日常的な意味で)を明確にする
3.主なレベリング方法を確立させる
4.メンバー一人一人の不満に耳を立てる
5.不満や反省点をフィードバックして次に生かす

大雑把に並べてみるとこんな感じでしょうか。
1~5について解説していきたいと思います。

1.マスターとメンバーの目指す所を決める(意識統一)
上でも言いました通りです、以上も以下の意味も有りません。
本当にマスターとメンバーはこの先しんどい道を歩けますか?
その場の勢いだけで決めたら後でツケが返ってきます。
参考程度ですが俺が単体になった時に、全員に言った事の要約です。

「俺達は大手企業から切られた、下請けの町工場。
この先確実に戦闘面でも金銭面でも苦労します。
勝つ事が全てなら、今すぐAlicEを抜けなさい。
俺も意志の弱い奴を引っ張っていく気は無い。
着いて来るならそれ相応のものを与える自信は有る。
後はギルドが好きでやってくかどうかだけ。」

俺はこう言って、茨の道を歩く覚悟を決めさせました。
それが貴方のギルドに合うかどうかは知りません。
あくまでこういう意志統一が大事だと言う事です。
意識を合わせられたらそこで自分達がSESの
GVGSE上でどれくらいのポジションに立ちたいかも
明確に決めておくとその先の運営が楽になります。
何事においても、目標意識の薄い集団は大した事が出来ません。


2.そのギルドの指示系統(日常的な意味で)を明確にする
単純に言うと、普段ギルドの運営を誰が指示するねんって話です。
何は無くとも「コイツの言う事を基本聞いとけばOK!」な人が必要です。
そして、それは普通ギルドマスターで有るべきだと思います。

これはROに関係なくただの集団心理の話ですが
指示を出す奴(悪く言えば偉そうな人)は集団の中に
少数であればある程良い、とオレは思います。
指示を出す奴が増えれば増える程
その組織の中において変な階級意識が出来るでしょう?
俺はそれが集団において、良い事だとは到底思えないのです。
AlicEの場合「俺と、その他。」として、俺が全てを一括管理してました。
こうしておけば偉そうな事言いやがってみたいに思われる奴が
俺一人だけで済むので、俺だけがそこを上手く解決すれば済む訳です。
要約「集団の中で、変な階級意識をいくつも作るな!」です。

3.レベリング方法を確立させる
さて、精神論的な部分が固まったら次は狩り環境を考えましょう。
まずは1つ、複数人で行ける効率狩場を見つけましょう。
とりあえず「今日も~~~行くぞ!」みたいな感じで
お約束の効率狩場を、ギルドとして持つべきです。
その狩に必要な人数、職が少なければ少ない程、素晴らしいです。
揃えるのに手間がかからずに、迅速に狩りに行けるからですね。

俺達の場合はモロク次元の狭間が全てでした。
構成的に毎日18時過ぎからログインしていた俺の拳聖と
誰かのV廃プリさえ居ればそれだけで狩りになりました。
2人で2職居れば行く事の出来る最高の条件だったと思います。
そういう「簡単 すぐ行ける 旨い!」牛丼狩場が欲しいですね。

ですが、賄える人数には勿論限度が有ります。
一人の拳聖にあまりの人数が集ると効率が悲惨な事に成ります。
そうなると絶対に何人か行けないメンバーが出てきます。
この余りメンバーを放置するのは非常に不味いです。
感情的な意味と、育成のロスの2重の面でダメです。

こういう時は、ギルド内でサブ拳聖みたいな人が必要です。
メイン拳聖の俺が動いてる間でも残ったメンバーがオデンとかに
行ける環境が当時の所属ギルドには有りました。
勿論、絶対に毎回確実に、と言う事はありませんが。
少なくともかなりロスタイムを省けたと思っています。

同時に、俺は一人一人にソロで出来る金策を確立させてました。
これはつまり、拳聖狩り等に混ざれない場合への対処です。
例えばクリエなどがソロで何かしても効率的に見れば
スズメの涙で、あまりに時間の無駄です。
ならばその時間モンクか素騎士でも作ってネイチャか
魔女砂採取してた方が、よっぽど有意義です。
そこで得た金の幾分かを餅にして俺に食わせれば良かったのです。

俺はメンバー一人一人の持ちキャラと出来る事を把握して
金策面と育成面で、極力無駄な時間を過ごさせない様に努力してました。
俺は金の鬼だったので自分を育成せずメンバーを引っ張る代わりに
狭間で出たレアはごっそりな配分でカツアゲしていました。
無償で尽くし続ける様な人は、俺から言えばちょっとおかしい。
妙な損得感が出ない様にどういう比率でギブアンドテイクするか
最初からハッキリと定めておけば良いのです。
逆らう奴は皆殺しにすれば、解決するのです。

4.メンバー一人一人の不満を聞く
当たり前すぎて、言うまでもないが・・。
不満が出ないなんて全員死人のギルドだけです。
絶対に何かしら、メンバーから不満というものは出ます。

「不満有ったら絶対言ってね。」何て言った所で
全ての不満を察知する事なんて到底不可能です。
性格上そういう事を自分から言い出せない人も居ます。
そういう人にはこちらから話しかけて聞くしかないです。
ある程度その人の抱えてそうな不満が分かるのならば
「最近何か不満ある?」みたいな柔らかい聞き方よりも
「~の事あまり良く思ってないよね?」みたいに
俺はある程度突っ込んだ距離から聞く事にしていました。

ギルドメンバーの不満は、実に多種多様です。
AlicEの溜まり場で変なサブギルドが乱立しているだけでも
全員の意思がバラけてる感じがして、嫌な人も居るんです。
チームワークと団結を人一倍大切にするMzはギリピキしてました。

不満を放置していれば確実にどこかで綻びが生じます。
可能な限りそれを解消してやるのがマスターだと思います。
勿論、全ての不満を解消出来るなんて事も有り得ません。
時にはAさんとBさんの主張の間を考えなければなりません。
考えてやっても、AもBも納得しない事なんて、よく有ります。
「折衝案出したってんのにそれかよ!」みたいな事も
我慢しなければなりませんが、やるべき事です。
やらなければポロポロとメンバーがこぼれていきますから。



5.不満とかをフィードバック
不満や問題点を聞いて、対応し、改善していくのは当然。
でないと、一歩も前に進まないです。
単体に大事なのは、一歩一歩何かを解決して前進している
実感をメンバー隅々に実感させる事だと思います。

初めて某連合に攻められてボロ雑巾にされた初戦。
次はエンペ傍まで詰められるも、辛くも時間切れ勝ち。
次は3バリケ1本を残して追い返しました。
次は1バリケで食い止めれる様になった。

戦う毎に、結果として皆が成果を実感出来ていました。
小さい所からでも構いません、小さな歩幅でも構いません。
失敗→改善→成功 のサイクルを皆で成し遂げていく事が
皆の意識を徐々に高めていき、やる気に繋がってきます。
このサイクルが軌道に乗った時の破壊力は半端じゃないです。

以上が「内政」と言われて思いつく内容でしょうか?
俺の場合リアルで会ってキャンプとかするのが
好きだったのでオフ会とかもよくやってました。
これは性格上色々問題もあるでしょうが
確実にAlicEの絆を深くした要因の一つだったと思います。

天竜川で穴掘ってコンロ作って影でこっそり
川に放尿する事が内政かと言われると難しい所です。
おいみるく、お茶の方向に向かってオシッコするのは止めろw


実戦上の話
ギルドの基盤が整ってきたら、実際GVGで戦う訳です。
ここで問題に挙がってきそうな事を列挙してみます。

1.人数が少ない
2.物資が不安
3.個人への育成指示
4.実感させる、褒める。

1.人数が少ない
当たり前です、自分のギルドしか居ないのですから。
どこの猿が何を言おうとAlicEの最大稼動戦力は
記憶にある限り実働41人が最高だったと思います。
普通の1ギルドですと多い所でも20ちょいですか?
それだけの数で全ての連合と戦わなければなりません。

俺はこれ何度も言います。
単体として戦場に立った以上、何人であろうが一つの勢力です。
自分達から望んでそこに立ったのだから、そこを理解しなさい。
例え大手に狙われたとしても
「何でこんな単体狙いに来るんだ・・?」
みたいな文句は場違いです、ならば戦場に出なさんな。
敵は一勢力として見てきます、そこに人数の容赦は有りません。

対抗するにはどうしたら良いでしょうか?
答えは明白で、人数を増やす事と、個人を鍛える事です。
手っ取り早いのは前者ですので、そちらから書きます。
ギルドメンバーが欲しければ、ブログみたいなの持つと良いです。
ちょっと度胸は要りますが、南で募集チャット立てて
ブログへ誘導して、読んで貰うのが最善手です。

勿論、そのブログの勧誘が意味不明なら誰も来ません。
そこは勧誘の書き手の全てが問われるので、そこに責任は持ちません。
俺は自分の熱意をそのまま書きました、結果長文になりました。
ですが、その熱意を見て来てくれた仲間が沢山いました。
他の鯖から俺と一緒に闘いたいと来てくれた奴等もいます。
そういう意味では、そういう熱い奴等を呼び集めるには
俺の書いた文章は向いていたのでしょう。
逆に「長文読めないwww」みたいな人は来なかったでしょう。
俺としても文章読めない奴は要らなかったので好都合でした。


2、物資が不安
単純に金の問題ですね、分かりきった事です。
尽きたら同盟からの助けが有る訳も有りません。
尽きたら自分達で賄うしかない。

収入増やすのも当たり前だけどその前に要らない費用が無いか
節約出来る所をしっかりと探すべき。
経費で一般的に主な要因を占めるのは、あの当時だと毒瓶とADS。
これを可能な限り切り詰めていた貧乏あり・・・いや金有ったけどなw

【毒瓶】
AXのリーダーが製毒100%のAXを作った。
メンバーの何人かが金策でGD1にてカルボ漁ってた。
これをギルド内安価で渡して自家製毒体制へ移行。
結果、毒瓶の原価が凄まじく安くなった。

【ADS】
ギルドの製薬制度高いケミが作ってくれた。
材料もGD1とかで自家調達とか、茎は安いの纏め買い。
かなりのコストダウン。

こうやって経費を安くしてた。
安くしていたと言っても、ケチった訳じゃない。
「他所より安く使えるんだから常時使っても良いぞ!」
くらい、安く作ってガンガン使える体制を作った。
物資をケチって勝てる程、甘い闘いなんて無かった。
ケチりたいけど、ケチると勝てない、それ単体。

こうやってギルド資産に余裕作っていって
それを定期的に「今は~Gあるよ!」みたいな事教えてあげると
みんなの不安も和らぐから、やってあげて下さい。


3.個人への育成指示
これはかなり自論を含んだ内容になっています。
ギルドマスター=球団の監督みたいなもんだと思います。
ギルド内の職バランスとかも考えないと構成すら出来ません。
ここからが大事な話です。

単体で戦っていく上で、バランスと言う物は大事です。
一人一人をどう育てていくのが得策なのでしょうか。
俺としてはハイリスクハイリターンではありますが
個人を極限まで特化させる方法を推奨しています。
要は一人一人に専門の役割を与えるって事です。

万遍なく高レベルの職持ってて
どのキャラでもまあそれなりに戦力になる。
こんな人が何人か居れば穴の補完に非常に便利です。
が、全員がこんなタイプでは俺はダメだと思います。

個人個人に役割を与えて特化させます。
こういう風にそれぞれの分野に特化させて編成した
38人であれば万遍無く構成した50人に勝ります。
自分しか出来ないという役割を与えて任せる事で
その人のモチベーションも高まります。

「自分居なくても何とかなるんじゃ・・w」みたいな考えさせたらダメです。
「俺が居ないかったらADS誰やんの!?」くらいの気持ちです。
自分が居ないとギルドが負けるって危機感を、一人一人が持つべきです。

勿論デメリットも大きいです。
その人が欠席した場合、穴開いた感じが凄いですw
当時うちに3人のメインクリエがいましたが2人居れば
良しとしても、1人だった場合軽い絶望を覚えました。
大手連合相手にPピッチャー無しで献身維持は地獄でした。

ですので、単体としてやっていくと決めた上でちょこちょこ
他のギルドに傭兵に行くとかホンマ辞めたって下さい。
戦力的にも辛いし、ギルドの皆がどんな気持ちになるか分かるでしょう?

どういう風にメンバーを育てていくかは監督次第です。
育成方針をしっかり出してあげればメンバーは着いてきます。
ギルドとしても個人としても方針無きは惰性の元です。


4.実感させる、褒める。
事が上手く行ってる事を実感してるのは貴方だけかもよ?
って事です、要は一人一人実感が無ければモチベも上がらないです。

「前落とされたけど今回守ったんやから、喜んで良いぞ!」
とか、どういう部分を自分達で喜んで良いか声かけたげよう。
全員が戦いの内容を理解出来てる程、意識高い訳ないねん。
「え?今日の俺達の勝ちで良いん?」みたいな人だって居る。
そういう言わばライト層の人達も着いてこさせてこそ、だと思う。
だから上で言った通り、試合後の監督みたいに声掛けたげるべき。

俺はGHPとかで個人個人に育成&装備指示と、感想書いてた。
全員が全員じゃないけどね。
どういう部分育てたら良いか、言ってあげたら分かり易いやん。
よく動いてくれて特に何も言うべき事ない奴にでも
「文句無し、AX陣頼んだ。」とかそれだけ言ってあげたら気持ち違うやん。
それだけの事かもしれないけど、小さい事じゃないよ。

ちなみにAX陣はお前が纏めろと言ったAXのリーダー格は
IYL相手に無形ジュルで戦ってたんやけどね。
「IYLのLKタフ過ぎありえねーぞ・・」とか言ってたけど
有りえねーのはお前のジュルって事に気づいて欲しかった。

--------------------------------------------------------------------
大体書きたい事は書けたと思います。
何度も言った通り、これらを進めていくであろう
ギルドマスターは大変な苦労をします。
苦労と同時に、一日一日ギルドが仕上がっていく
過程を実感出来るので、本当に毎日夢中でした。

対外的に問題が起きた時、結局はマスター頼みになります。
「俺関係ないしww」って理不尽思う事もあるでしょう。
でもメンバーの個人を捕まえても解決しない様な問題は有ります。
そんな時にはやはりその集団の意思として、マスターが出る事になる。
俺自身、内心は相手の言い分が正しくてギルドメンバーの方が
間違ってると思う事で苦情が来た時が有りました。

俺は確かに相手の言い分に理が有ると思ってましたが
内心は「申し訳ない・・」って言いたいのを堪えて
こちら側の言い分を通した事があります。
そんなしんどい事もいつかは有ると思います。
でもそれを仲間と一緒に乗り越えながら
何かを目指していく過程は本当に楽しいものだと思います。
これこそ連合に所属していては味わえない、単体だけの醍醐味。





これが単体化してから、俺が全力で打ち込んできた一年間。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>ひな
お前にその気と時間が有るのなら
俺は待ってるぞ。

>>名無し様
言うは易し、行うも易し、でも辛し。
これが一番しっくりきそうですw
貴方のケースについて何の事情も
分かりません故、何も言えません。
でも次同じ様な事が有った場合
それが経験となって、何か行動する
きっかけになれば、無駄じゃなかったと。
そんな感じで綺麗に纏めれるんじゃないでしょうかw

>>雷禅でも躯でも無い残りの人
うん、次何かするならば一緒に
行動してみたいと思ってます。
意外に次の機は近いはずですよ。

>>ガロ
割と言いたい事はあるんだが
割と公衆の面前で言い辛し。
また近いうちに・・。

>>民A様
そう言って頂けるのはそれを目指した者として
非常に嬉しいと思います。
ですがもう今のROでは
そういう事をする予定は有りません。
ごちゃごちゃ説明するよりもアスプリカを売却した
事実を見て頂ければ、ご理解して頂けると思います。
不躾な言い方になって申し訳ないですが
何度申されても返事は変わりません。

No title

きねんぱぴこ

No title

何の記念やねんw

No title

鼻にぱぴこ突っ込むと聞いて。

先週、試験まで@数時間って状態でこの記事みつけて
最初から最後まで読んでしまったという(*´ω`)・・・
あ、試験は余裕でした。

No title

>>黒蘭
thx
あんま人前でそういうの言われるのも
恥ずかしいから別の場所に移しました。
プロフィール

SHI-NA

Author:SHI-NA
2010年3月 SESにてRO引退。
2015年ToS始動にて復活。

カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。